スポンサードリンク

2007年04月11日

介護福祉士国家試験の介護技術講習とは?

介護福祉士国家試験は、これまで筆記試験合格者が実技試験を受験し、これに合格して介護福祉士の資格が得ることができました。

厚生労働省は、平成17年度から介護技術講習制度を導入しました。筆記試験についてはこれまでどおり行われますが、実技試験については、実技試験か介護技術講習のいずれかを選択し、介護技術講習を受講・修了した者には、申請により、3回の実技試験を免除することにしています。ただし、厚生労働大臣に実施予定を届け出た養成施設が講習会を実施します。

・受講資格→介護福祉士国家試験を受ける者。実技試験の免除を申請する者。

・実施期間→全国の養成施設で4月〜12月に行われます。

・講習の内容→(1)介護過程の展開、(2)コミュニケーション技術、(3)移動の介護等、(5)排泄の介護、(6)衣服の着脱の介護、(6)食事の介護、(7)入浴の介護等、(8)総合評価の8項目、合計32時間からなります。

・修了認定→32時間の所定の講習受講、総合評価の評点、受講態度

・受講受付期間→4月1日〜8月21日、定員になり次第締切

   
posted by aw at 13:53 | 介護福祉士の予備知識
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。