スポンサードリンク

2007年04月10日

介護福祉士の国家試験について

介護福祉士の資格を得るためには国家試験を受験して合格しなければなりません。介護福祉士の資格の受験資格は、福祉系高等学校を卒業しているか、実務経験で3年以上の者となっています。試験は筆記と実技があり、筆記試験が合格してから実技試験となります。合格率は50%と、やや難関です。

試験科目は13科目です。
実技試験では介護に関する専門技能が問われます。

介護福祉士は、介護の中では唯一の国家資格であり、1987年制定の『社会福祉士及び介護福祉士法』によって定められました。介護福祉士は介護の必要なお年寄りや障害者の生活全般にわたって介護を行い、また介護者に対する指導もしていきます。

   
posted by aw at 23:51 | 介護福祉士の予備知識
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。