スポンサードリンク

2007年04月05日

介護福祉士ってなに?

介護福祉士は「要介護の高齢者や障害者のケア」に取り組む専門職養成を目的としています。昭和62年に介護福祉士の国家資格が発足しました。
介護福祉士の仕事として、老人や障害者の自立した生活を支援するための日常の介護や、本人や介護する家族などの指導にあたります。
 全国の登録者は468,304名(平成18年2月末日現在)いてます。
介護福祉士のおもな職場は特別養護老人ホーム、身体障害者療護施設、老人保健施設など常時介護を要する高齢者・障害者の施設、在宅の要介護者を支援するホームヘルパーなどです。

高齢化社会が進むにつれ、これからの日本で介護福祉士は必要不可欠な存在です。

   
posted by aw at 11:27 | 介護福祉士の仕事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。